人生後半を紆余曲折する世界川晴子の雑記帳

婚活コミュニケーションのための共感力を鍛えよう

 
  2017/03/08
WRITER
 
会話する男女
この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

初対面の異性との会話は、婚活をしていれば避けることは出来ません。

出会いのパーティーや街コンでは、相手の詳細な条件を知らなくてもコミュニケーション出来ますから、例え条件に自信がなくても、会話で相手の心を掴む事が出来れば、チャンスは広がります。

会話する男女

私が出会った婚活男性には、女性との会話がうまく出来なくて残念な方が何人かいました。彼らはせっかく高条件を持っているのに、またおそらく人間性にも問題はないのに、ただコミュニケーションが下手なために、婚活が長引いているようでした。

コミュニケーション能力=人柄ではない事は、こちらもわかっていますが、会話が疲れる人とは何度も会えません。

今日お伝えしたい話は、特に男性の方に読んでもらいたい、共感力についてです。



共感力は簡単に身につく

共感力=人柄ではない事もわかっていますが、共感力が高い人といると居心地がいいんですよね…

うちの父親なんて、共感力ゼロで、人の言う事にはことごとく反論しないと気がすまないみたい、まるで共感したら負けとでも思っているみたいです。そして残念な事に私は父親に似てしまったので、自分で気付いて直すまで、居心地の悪い女でした。

その分、人を笑わせる事が好きだったので、友達は多かったのですが、長時間一緒にいると相手はイライラするようで、ケンカもよくありました。

でも、共感力って割りと簡単に身に付くんです。自分で「あれ?もしかして私って共感力低い?」と気付いたら、もうあとは言葉遣いを気を付けるだけですから!

共感を表現する言葉をたくさん使えばいいんです。

スポンサーリンク


共感を表すセリフの具体例

例えば、「わかりますよ」「同感です」「それイイですね」「なるほど」「そうですよね」などです。

ほかには、相手が伝えてくれた感情をそのまま言葉で返して「良かったですね」「大変でしたね」「ありがたいですね」「辛かったですね」などです。

そしてさらに1~2語プラスして大サービス!「そうそう、そうですね、その気持ちわかりますよ。」「へぇー、なるほどね、知りませんでした。」婚活で相手の心を掴む会話術の記事にも書いたように、共感の相づちを3回重ねるのは、心理カウンセラーのテクニックです。

共感できない場面では、ムリして共感しなくてもいいんですよ。反論するのを止めて、一旦受け入れる言葉を使えばいいのです。

(私はそうは思わないけど)「あなたはそうなんですね」と否定の部分は隠し、受け入れて流せばいいのです。「確かに、そういう意見もありますよね~」と、肯定出来ない代わりに、とりあえず否定しないようにします。

褒められて謙遜するような場面は、ちょっと厄介ですね。

「いい人ですね。」「ありがとうございます。」これくらいは、謙遜しないで素直に受けとれば良いですが、「モテるんでしょう?」「そうだと嬉しいんですけどね~」ってなりますかね。こればかりは否定しないと恋が始まりませんものね。
スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© せかはるブログ , 2016 All Rights Reserved.