人生後半を紆余曲折する世界川晴子の雑記帳

結婚して幸せになるのが怖い人もいる

 
  2017/03/08
WRITER
 
マリッジブルー
この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

あんなに頑張ったのに、今さら結婚から逃げたいなんて、私どうかしている?これがマリッジブルー?

マリッジブルー

苦しかった婚活がやっと実を結び、結婚という二文字が見えてきたのに、なぜか喜べない。「望んでいたことのはずなのに不安になる」という言う人もいるんですよね。

自由恋愛だろうが、苦労した婚活の末だろうが、結婚は未知の世界です。不安になることも当然あります。このことについて予め理解しておけば、もし自分がそのような心境に陥ったときに、焦ることなく正しい判断ができるのではないでしょうか?



不安の正体を明らかにする

結婚を目前に、相手の知らなかった面を知ってしまって不安になっているのか、それとは別の理由なのか、よく考えてみて下さい。

もし前者だったら、相手とそのことについて話し合い、解決策がないかを探っていく必要があります。場合によっては、結婚を取りやめる決断をせざるを得ないかもしれません。不幸になるために結婚しようとしていませんか?心の声をよく聞いてくださいね。

不安の理由が家族と別々になる寂しさならば、家族にその気持ちを話し理解してもらって、背中を押してもらってください。家族はあなたの幸せを望んでいます。

相手が不安なのでも家族と離れたくないのでもなければ、環境が変わることへの怖さを感じているかもしれませんね。

結婚して今までと違う状況になると、自分でコントロール出来ないことが増えたり、変化に振り回されてしまうかもしれません。なぜそのような恐れが出てくるかというと、この根本原因は依存時代に傷ついたところに原因があります。

スポンサーリンク


環境が変わって再び傷つくことを恐れている

例えば子供の頃、依存の立場の時はいろいろな欲求を感じても、自分の思い通りにはいきません。

欲しいものをお父さんにねだっても、お父さんの気分で振り回されたのかもしれませんし、食べたいものをお母さんにねだっても、忙しいからと聞き入れてもらえなかったかもしれません。

依存の立場の時は自分の望みは、相手の気持ちや状況しだいで決まってしまいます。自分の望みが叶えられなかった時、嫌な気持ちになったり、傷ついたりしていきます。そして、もう傷つかないように、依存の立場から自立の立場になる事を選ぶのです。

子供時代に限りません。恋愛関係でも、依存の立場になってしまい自立側に振り回され傷ついた人もいます。

「幸せになることへの恐れ」は、今までと違う状況がやってくると、再びあの振り回される日々になったら怖いという感情が出てくるためです。

しかし、いまは傷ついた当時とは歳も経験も相手も違うのです。勇気を出して新しい変化を受け入れてください。あの振り回された日々が、もう二度とやってこないように、これから相手と対等な関係を築いていくのです。

どうか頑張って前へ進んでください。
スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© せかはるブログ , 2016 All Rights Reserved.