人生後半を紆余曲折する世界川晴子の雑記帳

40歳を過ぎたけれど子供が諦められない女性へ

 
  2017/03/08
WRITER
 
子宝夫婦
この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

子宝夫婦

40歳を過ぎたけれど子供が諦められない女性は、取り急ぎブライダルチェックに行きましょう。

自分に子供が持てる可能性があることを確認したら、婚活の目的を1本に絞ります。良い結婚が最終目的はなく、一日も早く子供を授かることが第一の目的であると、自分にはっきり言い聞かせることです。理想の結婚と子供の両方を手に入れるには、もう時間がありません。



目的達成のために諦めるべきことがある

結婚して不妊治療をしても必ず授かるとは限らないけれど、早くしなければ刻々と可能性は下がってゆきます。自分を希望してくれる男性の中に生理的にOKな人が複数いたら、選べるだけマシくらいに思うことです。子供を育てるのに必要なこと以外の条件は外してください。多くの年上男性があなたを待っています。

ただ、子供を持ちたいことは最初に伝えてください。子供を持つことを考えていないから、40代女性がよいと言ってくれている可能性が高いからです。

スポンサーリンク


持っている武器は使う

もしあなたに経済力があって、夫を扶養する甲斐性があるなら、若い男性にアタックしてみていはいかがでしょうか?子育て向きの専業主夫を募集するのです。

男性も年齢が上がるにつれ子供ができにくくなることが、徐々に知られはじめています。子供を授かることが第一の目的であれば、若い男性を選んだほうがよいに決まっています。外国人男性というのも、非常に良い選択と思います。国際的な婚活サイトもたくさんあります。

この場合も経済力が武器になるのではないでしょうか?あくまで私の個人的なイメージで申し上げていますが、ひょっとするとさほど経済力がなくてもOKかもしれません。一度トライしてみる価値はありそうです。

まずは国際交流パーティなどに参加してみてはいかがでしょうか?少し検索してみたところでは、ハワイ男性と日本人女性を取り持ってくれる EMCLUB という結婚相談所は、30代~40代の成婚が中心となっているそうです。結婚後はハワイでの生活になるので、仕事に影響する点で上の話と矛盾してしまいますが。。。ハワイで生活という選択肢も悪くないですねー!

いずれにしてもタイムリミットが迫っています。決死の覚悟で臨まなければなりません。目標のはっきりしている人は結果を出すのも早いです。

また、万が一結果につながらないときは、若いうちに子供を授かる努力が足りなかった事実を受け入れましょう。精一杯取り組んだ事によって、その後の人生を納得して送れるようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© せかはるブログ , 2016 All Rights Reserved.