人生後半を紆余曲折する世界川晴子の雑記帳

結婚するかどうかに関わらず幸せになる方法

 
  2017/03/08
WRITER
 
女子旅
この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

女子旅

結婚だけが女の幸せじゃない、それは本当にそうです。幸せは人それぞれ、結婚はしなくても幸せの形はたくさんあります。

有名人を見ると、仕事で成功しお金を手に入れて、それでいていくつになっても女性として魅力的。どうみても結婚「出来なかった」というより、「しなかった」んでしょ?って感じで、幸せそうに見えます。



欠乏感を埋めると幸せになる

私の場合は、結婚してやっと心の底から幸せだと感じるようになりました。それまでは、仕事もイマイチ趣味もイマイチ。今のままではいけないと、自分で自分を認めてあげていなかったからでしょうか、ずっと欠乏感があったと思います。

それを夫が「今のままでいいよ」と満たしてくれた、認めてくれた、愛してくれた(←わざわざ口に出して言ってないけど、私にはそう感じる)おかげで、私はようやく幸せを実感したのです。

結婚でなくても、仕事で結果を得ることで周囲から認められたら、きっと幸せです。家族が、友人が、仲間が認めて愛してくれたら、きっと幸せだと思うのです。認められたら、愛されたら、幸せになる。このことについて、結婚の本当のメリットとは の記事で説明していますので、よろしければお読みくださいね。結婚出来ないようには見えないのに独身を通した方は、そんな心境にいるのではないでしょうか。

周囲が認めてくれなくても、自分で自分を「今のままでいいよ」と満たし認め愛することが出来れば、幸せですね。実際にそれはなかなか難しいと私は思うのですけど。きっと子供の頃の環境によっては、そんなの難しくないよと言う人もいるでしょう。無条件に愛されていることを実感して育った人には、ありのままの自分を認めるのは難しくないかもしれません。そういう人が結婚したいと望めば、すんなり相手がみつかると私は思います。

逆に言うと、結婚を望んでいるのに相手が見つからない人は、ありのままの自分を認めきれていないと思います。自分を認められないので、相手を認めることも難しいという悪循環になってしまいます。心当たりのある方は、心理カウンセリングが解決策を見つける一歩になるかもしれません。

スポンサーリンク


欠乏感を抱えたままでも相手を認める

私の場合、実は「自分を認める」ために試行錯誤しました。中でも最も効果を感じたのは「自分を好きになるアファメーション」という音源を、通勤中にずっと聞いていました。「あなたは世界一素晴らしい」「そこにいるだけで周りの人を幸せにしている」といった内容を延々と耳元で言ってくれるという、人に聞かれたらかなり恥ずかしいモノです。しかし、初めてこれを聞いたとき、ふっと心が軽くなったのを覚えています。半年ほど聞き続けたとき、生きづらさがなくなっていました。

それでも夫によって埋めてもらえた部分があるということは、まだまだ完全に自分を認めていなかったのだと思います。

そして、まだ自分の中に少し残る欠乏感を抱えたままで夫を認めることができたのは、じつは占い師のアドバイスがあったからでした。人気の占い師で2か月待ちし、ちょうど夫とお付き合いをしようかどうしようかというタイミングで見てもらいました。私の夫はバツイチなのですが、その段階で離婚理由までは本人に聞いていおらず、占い師に聞くと「認めてもらえなかったからでしょう」と言われました。その時それがどういうことなのか、私にはピンときませんでした。とにかく夫を否定しないようにしよう、それくらいしか私には出来ませんでした。

具体的には「そんなのダメだよ」というような、相手の意見を全否定する言い方をしないことです。自分と正反対の意見を言われたら、「その考えいいね。でもこっちもいいんじゃない?」などと返しました。

結局それが功を奏して、お互いを認め合えない悪循環を断ち切れたのかなと思います。相手を認め自分を認めてもらう、それは結婚生活だけで得られる幸せではありません。親子でも職場でも仲間内でも、感じることができます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© せかはるブログ , 2016 All Rights Reserved.