人生後半を紆余曲折する世界川晴子の雑記帳

好循環を生むコミュニケーションの方法

 
  2018/11/12
WRITER
 
彼岸花
この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

彼岸花

アウトプットの趣味・行動を増やすと、『与える』事が上手くなると、以前の記事「与える人」になって幸せな結婚を引き寄せる方法 で書きました。



好循環を自分から起こす行動

『与える人』は人を惹き付ける力が高まります。婚活のために自分磨きをしようとしているかたは、アウトプット型の趣味を始めるとイイですね。

アウトプット型の趣味とは、創作活用、歌やダンスのような人前でパフォーマンス出来るもの、何かを教えたり、スポーツを観るのではなくする側になったりです。料理や自分で計画した旅行もいいです。

自分の内側にあるものを外側に発信すると、それを見た人に影響を与えます。影響を受けた人は、あなたに「良かった」「素晴らしいね」と感想を伝えてきます。あなたも「私の活動を見てくれてありがとう」と返すでしょう。あなたが発信したことをきっかけに、良い影響や良い言葉を『与える』『受け取る』の循環が生まれます。

アウトプットの行動は、時に嬉しくない反応が周りから返って来る事があります。嬉しくない反応も責任を持って受け止め、適切に対応する必要があり、そうした能力を身に付ける事もまた、人を惹き付ける力の裏付けとなります。

スポンサーリンク


好循環を相手から引き出す行動

『与える人』になれたら、今度はあえて『受け取る人』になってみてください。相手が与えてくれる小さな親切や気遣いをしっかり受け取って、きちんと感謝を伝えます。

時には、相手に負担のない範囲で仕事を頼み、やってもらえたら精一杯喜びと感謝を表現してみましょう。例えば、家族の前で「暖かいお茶が飲みたいなぁ~いれてほしいなぁ~」と言ってみる。見事要望に応えてもらえたら「わぁー!ありがとう!香りがよくて最高に美味しい!あなたはいつも美味しいお茶を淹れるよね、すごいね。」とガッチリ受け取ります。

相手は「大袈裟な!」と思うでしょうが、悪い気はしません。まぁ、出来ればわざとらしくなく受け取りたいものですが、こちらとしても練習練習。相手は思いがけず『与える人』になり、自己肯定感が高まります。

『受け取る』事が相手に好影響を与えるのです。
スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
50代兼業主婦です。超ハッピーなおばあちゃんになる事をめざして、生活、健康、美容、家族、セカンドキャリアについて日々模索しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© せかはるブログ , 2016 All Rights Reserved.